ポジショニング

なぜ、ポジショニングが見つからないのか?(1)本当にやりたいことが見えない原因

なぜ、ポジショニングが見つからないのか?(1)本当にやりたいことが見えない原因

この記事では、本当にやりたいことが見つからないという悩みの方のために、なぜ、本当にやりたいことが見つからないのか?をお伝えさせていただきます。

あなたが本当にやりたいことを見つけるヒントになると思いますので、ぜひ最後までお読みいただけますと嬉しいです。

宮川 あきら
宮川 あきら
申し遅れました。私、セルフブランドコンサルタントの宮川あきらと申します!⇒プロフィール(自己紹介)はこちら

このページの内容は以下の通りです。

10年以上にわたって何度も迷い続けたポジショニング

10年以上にわたって何度も迷い続けたポジショニング
実は私は、インターネットマーケッターという肩書きを使わなくなってからというもの、実に10年以上もの間にわたって、ポジショニングをさまよい続けてきました。

スモールビジネスコンサルタント、ウェルスクリエイター、幸せと豊かさの専門家、ビジネスオーナー、マーケティングコンサルタント、パーソナルビジネスコンサルタント、事業再生コンサルタント、経営セラピスト、コンテンツ型ビジネスコンサルタント…などなど、実に多くの肩書きを作り、また、会社を作り、ビジネスを作り、と、色々なポジショニングを渡り歩いてきました。

・自分自身が何者なのか?
・本当の自分とは誰なのか?
・私らしい輝きとは何か?

がずっと分からないままだったのです。

そんな私が、どのようにして、自分が本当にやりたいポジションを見つけることができたのか?をあなたにシェアしていきたいと思います。

私がポジショニングの迷子から抜け出せた最大の理由

私がポジショニングの迷子から抜け出せた最大の理由

結論からお伝えすると、私がポジショニングの迷子から抜け出せた最大の理由は、深い部分を癒す方法を知り、それを実践したことです。

私はある時、「もう嫌だ!この人生を変える!」と強く決断したことがあり、それからしばらくして、自分の深い部分を癒せる方法に出会ったのです。

そして、それを実践してから、自分が本当にやりたいことに少しずつ気づくようになってきたのです。

何が起きていたのか?と言うと、結局のところ、本当にやりたいことが見えなくなっていたということです。

トラウマ(心のキズ)が“本当にやりたいこと”を見えなくしてしまう

トラウマ(心のキズ)が“本当にやりたいこと”を見えなくしてしまう

あなたがご存じかどうか分かりませんが、トラウマ(心のキズ)は、認知のゆがみを作り出します。

何か凄く腹が立ったり怖かったり悲しかったり嫌だったりして、もうこんな感情は感じないぞ!と決めたその時から、認知が1つゆがみ、そして、その感情(や思考)を身体に封印するために、身体のある部分にロックをかける訳です。

これが“認知のゆがみ”と呼ばれる現象で、心理療法の流派によっては、それを、“ビリーフ(リミティングビリーフ)”、“スキーマ”、“ディシジョン(幼少期の決断)”などと呼んでいたりします。

呼び方は違えど、このようなカタチで認知がゆがむということは、割と知られていますので、あなたも聞いたことがあるかも知れません。

あるいは、ボディワークに関わっている方であれば、“筋膜リリース”が起きたら、閉じ込められた昔の感情や思考が出てくるということをご存じの方もいらっしゃるかも知れません。

そして、これが何重にも重なると、認知のゆがみを通り越して、全く見えないという状態を作り出します。いわゆる、“盲点(スコトーマ)”ができる訳です。

このような仕組みにより、私自身、自分が本当にやりたいことは何か?が長らく見えなくなっていたということです。

そして、自分が本当にやりたいことが何が?が見えなくなっていたら、いくらノウハウを学ぼうが、誰かのサポートを受けようが、そもそも、自分の認知できる世界の中には無い訳ですから、見つけようがないし、見つかりようがない。

私自身、完全にそういう状態になっていた訳です。

それが、深い部分を癒す方法に出会い、実際に、身体に残っていた感情や思考を解消できたことで、見えなかった部分が少しずつ見えるようになってきたのです。

本当のポジショニングを見つけるためには、深い部分の癒しが必要な場合もある

本当のポジショニングを見つけるためには、深い部分の癒しが必要な場合もある
あなたが本当の意味でポジショニングを見つけるためには、深い部分の癒しが必要な場合があります。

なぜかと言うと、“本当にやりたいこと”が見えなくなっていたら、あなたのポジショニングは絶対に見つからないからです。

いくら顧客が望んでいても、いくら時代性に合っていても、いくら競合が提供していないとしても、あなたが本当にやりたいことでなければ、長く続けていくことができませんよね。

認知のゆがみは、あなたが“本当にやりたいこと”を見えなくします。ですから、もしあなたが、“本当にやりたいこと”が分からないということであれば、それは、あなたが、癒しが必要であるというサインです。

深い部分まで癒して、本当にやりたいことを見つけよう!

深い部分まで癒して、本当にやりたいことを見つけよう!
あなたが深い部分を癒せば、本当にやりたいことは分かるようになります。なぜなら、あなたに心のキズが無ければ、本当にやりたいことが分からないはずがないからです。

ですから、本当にやりたいことが見つからない方は、深い部分を癒すことが大切です。そうすれば、間違いなく、あなたが本当にやりたいことは見えてきますよ。

ABOUT ME
セルフブランドコンサルタント 宮川あきら
「収入が不安定」「お金がない」「収入を増やしたい」講師・コンサル・コーチ・セラピスト・カウンセラー・フリーランス・個人起業家のためのコンサルタント。ノウハウゼロ・経験ゼロから売れる“あなた”になれる『セルフブランドビジネス』を教える講師。  ▼ミッション:あなたが本当の価値に気づき、最高に輝く支援をすること
期間限定で無料プレゼント!
売れるセルフブランディングの秘訣を無料プレゼント!