ポジショニング

なぜ、専門領域を3つ以上持つことが重要なのか?日本で唯一の専門家になる方法

なぜ、専門領域を3つ以上 持つことが重要なのか?日本で唯一の専門家になる方法

この記事では、なぜ、自分の専門領域を3つ以上持つことが重要なのか?をお伝えさせていただきます。

あなたが自分の専門領域を決める上でのヒントになると思いますので、ぜひ最後までお読みいただけますと嬉しいです。

宮川 あきら
宮川 あきら
申し遅れました。私、セルフブランドコンサルタントの宮川あきらと申します!⇒プロフィール(自己紹介)はこちら

このページの内容は以下の通りです。

3つ以上の専門分野を持つと存在が際立ち始める

3つ以上の専門分野を持つと存在が際立ち始める
セルフブランドを築く上でお勧めの方法は、3つ以上の専門分野を作ることです。

なぜなら、専門分野が1つしかないという状態は、「・(点)」のようなもので、よほど大きな点でない限り、ほとんど見えないからです。

次に、専門分野が2つあるとどうなるでしょうか?今度は、「・(点)」から「-(線)」に変わります。「・(点)」から「-(線)」に変わると、多少は見えやすいかも知れませんが、やっぱり、ほとんど見えないですよね。

ですから、専門分野が1つや2つだと、大学教授やプロの選手ぐらい飛び抜けていない限りは、他人から見つけにくい訳です。

しかし、専門分野が3つになると、話は変わってきます。なぜなら、今度は、「△(三角形)」になるからです。つまり、現実世界で面積を持って存在し始める訳です。

実際に存在していれば、見つけやすいですよね。ですから、専門分野が3つあると、他人から見ても見つけやすくなる訳です。

これが、専門分野を3つ以上持つことをお勧めする理由です。

専門分野を4つ持てると、日本で唯一の専門家になれる

専門分野を4つ持てると、日本で唯一の専門家になれる
さらに、専門分野を4つ持てると、日本で唯一の専門家になることができます。

これは、どういうロジックか言うと、1つの専門分野で100人に1人の人材になるという前提のロジックになります。

1つの専門分野で100人に1人の人材になれば、それを3つ作ることで、1/100×1/100×1/100=1/100万となり、100万人に1人の専門家になることができますよね。

そして、それを4つ作れば、1/100×1/100×1/100×1/100=1/1億となり、1億人に1人の専門家、つまり、日本で唯一の専門家になることができるということです。

例えば、私自身は、セルフブランドコンサルタントですが、「ポジショニング」「ブランディング」「マーケティング」「変容・セラピー」の4つの専門分野を持っています。

ですから、ある意味、日本で唯一の専門家であると言える訳です。

「えー、4つも専門分野を持てって、大変じゃないですか?」と思われる方もいらっしゃるかも知れません。ですから、専門分野は3つでも十分です。

ただし、専門分野が4つあると、コンテンツのボリュームが出せますので、コンテンツをたくさん作っていきたい方は4つの専門分野を持つことがお勧めです。

専門家になるには、情熱がポイント

専門家になるには、情熱がポイント
結局のところ、専門家になるためには、情熱がポイントです。要するに、情熱を持ち続けられることであるのかどうかが、分かれ目になる訳です。

そのためには、あなたが本当にやりたいことの上にポジショニングをして、その上で専門領域を決めているのかどうか、というのが問われているということです。

私たちは、本当にやりたいことは、誰に何と言われようとやり続けます。時間がかかろうが、やりたいことだと没頭してやれる訳です。

だからこそ、3つ以上の専門分野を作って専門家になるのは、セルフブランドでビジネスをしていきたいという方にお勧めの方法です。

セルフブランドを築きたいなら、3つ以上の専門分野を持つことがお勧め

セルフブランドを築きたいなら、3つ以上の専門分野を持つことがお勧め
セルフブランドを築きたい方には、3つ以上の専門分野を持つことがお勧めです。そして、3つ以上の専門分野を持つためには、自分が本当にやりたいことの上に立つことがとても大切です。

ABOUT ME
セルフブランドコンサルタント 宮川あきら
「収入が不安定」「お金がない」「収入を増やしたい」講師・コンサル・コーチ・セラピスト・カウンセラー・フリーランス・個人起業家のためのコンサルタント。ノウハウゼロ・経験ゼロから売れる“あなた”になれる『セルフブランドビジネス』を教える講師。  ▼ミッション:あなたが本当の価値に気づき、最高に輝く支援をすること
期間限定で無料プレゼント!
売れるセルフブランディングの秘訣を無料プレゼント!