ポジショニング

あなた独自のポジショニングが見つからない5つの原因

あなた独自のポジショニングが見つからない5つの原因

この記事では、ポジショニングが見つからない5つの原因についてお伝えいたします。

あなたの最高のポジショニングを見つけるヒントにもなると思いますので、ぜひ最後までお読みいただけますと嬉しいです。

宮川 あきら
宮川 あきら
申し遅れました。私、セルフブランドコンサルタントの宮川あきらと申します!⇒プロフィール(自己紹介)はこちら

このページの内容は以下の通りです。

原因#1 トラウマ(心のキズ)で方向性が見えていない

原因#1 トラウマ(心のキズ)で方向性が見えていない
最も多い原因がこれです。トラウマ(心のキズ)により、本当の方向性が見えにくい時は、ポジショニングに苦労するケースが多いです。

どこにいっても、なぜか上手くいかない、何となくポジショニングが違う感じがする時は、本当にやりたいことの方向性が見えていないかも知れません。

なぜなら、本当にやりたいことは、小さい頃に自然とやっているのですが、そこでキズがついて出来なくなっているケースも多いからです。

ですから、本当にやりたいこと付近はキズだらけで全く見えなくて、本人の中で無いことになっているケースも多い訳です。

そして、そのキズがあまりに深いと、自分が本当にやりたいことの付近にすら行けなくなりますので、才能がなかなか発揮できずに、お金を受け取れるほどのパフォーマンスを出せる場所が見つからなくなってしまう場合もあります。

このような時は、ポジショニングを探しながら、癒しも平行して行うことがお勧めです。そうすると、少しずつあなたが本当にやりたいことの方向性が見えてきます。

原因#2 無理だと思って、諦めてしまっている

原因#2 無理だと思って、諦めてしまっている
ポジショニングが見つからない原因の2つ目は、無理だと思って諦めてしまっているケースです。これもかなり多いです。

しかし、よくよく考えると、ライバルが強くて無理だと感じたり、実現のハードルが高いと感じたりするのは、その方向性に行ける可能性がある時だけなのです。

考えてみて下さい。あなたは、日本の首相になったらどうしよう?と思い悩んだことがありますか?あなたが政治家を目指していない限り、まず無いと思います。

なぜなら、日本の首相になる可能性がほとんどゼロだからです。つまり、可能性の無いものについては、思い悩まない訳です。

しかし、その方向についてあれこれ考えて、思い悩んで、やっぱり無理だと思って辞めたのなら、実はその方向性は、あなたにとって、可能性のある方向性なのです。

可能性のある方向性だからこそ、ライバルの強さなどがよりリアリティを持って感じられた訳です。

だから、このケースの場合は、諦めてしまったその方向性に、あなたの本当のポジションがある可能性が高いと言えます。

原因#3 リソース不足

原因#3 リソース不足
ポジショニングが見つからない原因の3つ目はリソース不足です。

リソース(資源)とは、知識や経験、スキルなどのことなのですが、要するに、まだ経験不足で、あなた独自のポジショニングまで見つからないというケースです。

この時は、暫定的なポジショニングを作って活動しながら経験を積むのがお勧めの方法です。そして、経験を積む中で本当のポジショニングを見つけていくということです。

なお、この時、注目したいのが、実は失敗の経験です。

実は、何かが上手く行かなかった時、何を失敗と思うかは人によって違ったりします。具体的には、私たちは無意識に上達しそうなことについて、失敗だと思う傾向があるのです。

つまり、とりあえず何かをやってみて、その時に、特に上手くいかなかったことに対して、何を失敗と思うのか?から、あなたの方向性が見えてきたりします。

そのために、暫定的なポジショニングを作って何かをやってみることが大切です。もちろん、最初から失敗を狙っていくのではなくて、最大限、上手くいくように努力しましょうね。

原因#4 他者優先の罠に陥っている

原因#4 他者優先の罠に陥っている
ポジショニングが見つからない原因の4つ目は他者優先の罠です。

率直にお伝えすると、自分自身より他者を優先してしまうというのは、心のキズから来るものです。

期待に応える、服従する、自己を犠牲にする、他人の評価・評判を気にし過ぎるなど…これらはすべて、幼少期の心のキズが原因です。

もちろん、誰しも、多かれ少なかれ、こういったキズはある訳ですが、あまりキズが深いと、自分が本当にやりたいことが見つけられなくなりがちです。

なぜかと言うと、やりたいことよりやるべきことを優先しなければならないような感じがするからです。

これがあまり強いと、心の底からやりたい!と思えることを無意識に避けてしまう傾向が出てきますので、ポジショニングが見つからなかったり、見つかっても、なかなかそこに移動できなかったりします。

そういう意味では、このケースも癒しが必要かも知れません。

原因#5 競合から考えている

原因#5 競合から考えている
自分が本当にやりたいことからではなくて、競合からポジショニングを考えてしまっている時、私たちは、本当の場所を見つけることができません。

頭で考えた、「ここが儲かるから」とか、「ここが市場があるから」とか、「ここがライバルが弱いから」という理由では、あなたの本当の場所は見つけられないのです。

もちろん、競合調査が全く不要かというと、そうではありません。しかし、それはあくまで、大枠での方向性が見えた後の話なのです。

私たちは、それぞれ個性を持って生まれています。ですから、自分らしい方向性もあれば、自分らしくない方向性もあります。

ですから、まずは自分自身を見ていかない限り、話が先に進まないし、進めてはいけない訳ですね。

あなた独自のポジショニングが見つからないなら、それには原因がある

あなた独自のポジショニングが見つからないなら、それには原因がある
今回は、あなた独自のポジショニングが見つからない5つの理由についてご紹介いたしました。

ポジショニングが見つからない原因は、これらのうちの1つが原因かも知れませんし、これらの原因のうち、複数の原因があるかも知れません。

この記事が、あなたの最高のポジショニングを見つける上で、少しでもヒントになりましたら幸いです。

ABOUT ME
セルフブランドコンサルタント 宮川あきら
「収入が不安定」「お金がない」「収入を増やしたい」講師・コンサル・コーチ・セラピスト・カウンセラー・フリーランス・個人起業家のためのコンサルタント。ノウハウゼロ・経験ゼロから売れる“あなた”になれる『セルフブランドビジネス』を教える講師。  ▼ミッション:あなたが本当の価値に気づき、最高に輝く支援をすること
期間限定で無料プレゼント!
売れるセルフブランディングの秘訣を無料プレゼント!