マーケティング

なぜ、個人ビジネスを広げるには、電子書籍の出版がお勧めなのか?電子出版のメリット

なぜ、個人ビジネスを広げるには、電子書籍の出版がお勧めなのか?電子出版のメリット

この記事では、なぜ、個人ビジネスを広げるには、電子書籍の出版がお勧めなのか?をお伝えいたします。

あなたの個人ビジネスを広げるヒントになりますので、ぜひ最後までお読みいただけますと嬉しいです。

宮川 あきら
宮川 あきら
申し遅れました。私、セルフブランドコンサルタントの宮川あきらと申します!⇒プロフィール(自己紹介)はこちら

このページの内容は以下の通りです。

個人ビジネスでは高単価の商品・サービスの提供がほぼ必須

個人ビジネスでは高単価の商品・サービスの提供がほぼ必須
あなたが個人ビジネスを始めたいなら、高単価の商品・サービスの提供はほぼ必須です。なぜなら、低単価の商品・サービスを数多く販売するというのは広告にたくさんコストをかけられる大企業の戦略だからです。

ですから、個人ビジネスで生計を立てたいなら、高単価の商品・サービスの提供がほぼ必須となります。

例えば、独自のコンテンツを作って、それを提供している〇〇養成講座、〇〇実践講座、〇〇習得講座、〇〇プログラムなどを提供するなどであれば、個人ビジネスでも生計を立てる方向性が見えてきます。

また、高単価のコンサルティングや代行サービスなども、生計を立てられる可能性がありますよね。

しかし、その一方で個人ビジネスにおける商品・サービスは、カタチがありませんので、イメージがしづらく売りづらいという一面があります。

そのため、提供される内容をイメージしやすくするものが欲しい訳です。そこでお勧めしたいのが、電子書籍の出版です。

電子書籍を出版すれば、商品・サービスをカタチにして見せられる

電子書籍を出版すれば、商品・サービスをカタチにして見せられる
電子書籍を出版することで、電子書籍の表紙や中身で、あなたの商品・サービスの内容を分かりやすく見せることができます。

どういうことか?と言うと、あなたの商品・サービスと全く同じポジショニングで電子書籍を出版するということです。

これによって、電子書籍を読んでもらうことで、あなたの商品・サービスで提供される内容をイメージして貰いやすくなりますので、カタチが無い商品・サービスが分かりやすくなります。

相性が良い電子書籍と高単価の商品・サービス

相性が良い電子書籍と高単価の商品・サービス
電子書籍と個人ビジネスは、相性が良く、組み合わせることで高い相乗効果を得られることもお勧めする理由の1つです。

高単価の商品・サービスは高い収益性を示しますが、その一方で、イメージがしにくいため、単体では売りづらいという側面があります。

その一方で、電子書籍は、あなたが提供している内容を分かりやすくしますが、その一方で、それだけでは生計が立たないという側面があります。

そして、実は、電子書籍の執筆が進めば、あなたのスキルやノウハウの言語化や図解化が進み、スキルやノウハウがレベルアップするという側面があります。

つまり、電子書籍を書くことで、あなたの商品・サービスの質が上がるのです。そういったメリットなどもありますので、電子書籍の出版はとてもお勧めです。

個人ビジネスでは、電子書籍の出版がお勧め

個人ビジネスでは、電子書籍の出版がお勧め
個人ビジネスでは、高単価の商品・サービスを提供した上で、電子書籍を出版して、提供している商品・サービスを分かりやすく伝えることがお勧めです。

電子書籍を出版することで、顧客獲得がしやすくなるだけではなく、あなたの提供する商品・サービスの質を上げることもできます。

ABOUT ME
セルフブランドコンサルタント 宮川あきら
「収入が不安定」「時間がない」「見通しが不安」を抜け出したい方のためのコンサルタント。ノウハウゼロ・経験ゼロから売れる“あなた”になれる『セルフブランドビジネス』を教える講師。 ▼ミッション:あなたが本当の価値に気づき、最高に輝く支援をすること
期間限定で無料プレゼント!
売れるセルフブランディングの秘訣を無料プレゼント!